新年式典・祝賀会

1月8日(月・祝)、TONAMI翔凛館において、新年式典および祝賀会が開催されました。

厳粛な雰囲気の中、小幡副理事長の開会宣言で式典が始まりました。2017年度理事長島田優平君より開会のあいさつの後、優秀委員会・優秀会員・例会皆出席者の発表後、表彰が行われました。

 

 

 

 

 

新年式典の開会を宣言する副理事長小幡真嗣君

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優秀委員会賞

(写真左から)先駆ける地域創造委員会 藤井委員長、戦略的広報委員会 船藤委員長、

島田理事長、アカデミー委員会 米道副委員長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優秀会員賞(写真左から)杉木裕矢君  島田理事長  飯田大輔君  富田浩成君

 

表彰後、2017年度理事長島田優平君から2018年度理事長大西正起君にプレジデンシャルリースと理事長バッヂが伝達されました。

  

新年式典では、日本青年会議所北陸信越地区富山ブロック協議会会長 山﨑真君、となみ青年会議所シニア会会長 池田亘先輩を来賓としてお迎えし、シニア会の方々や県内各地より大西理事長の応援に駆けつけてくださった熱い同志に見守られる中、厳粛に行われました。

大西理事長より、2018年度スローガン「仁愛 ~すべては共に生きる誰かのために~」のもと、今年のとなみ青年会議所の目指す道を述べられました。そして2018年度の事業計画を副理事長と委員長より述べられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして本年度は新入会員8名並びに賛助会員5名が新たに仲間に加わり、大西理事長からバッヂの授与が行われました。緊張した面持ちでそれぞれが自己紹介を行ない、出発の決意を新たにしました。

 

 

 

 

 

 

新年式典終了後、新年祝賀会が開催され、夏野砺波市長及び田中南砺市長をはじめ、多くのご来賓やシニア会の先輩方をお迎えし、盛大に行われました。

72名の会員が、気持ちを新たに、「仁愛」のスローガンのもと、愛する地域のため、愛する家族のため、そして愛する仲間のために率先して行動することを誓い合い、新年式典・祝賀会は終了しました。

本年度も、となみ青年会議所をどうぞよろしくお願いいたします。