総務委員会

委員会方針  委員長 杉木 裕矢 

 これまでとなみ青年会議所が歩んできた47年間、先輩たちは地域と共に数多くの事業や活動をされてきました。これからも地域に必要とされる団体であり続けるために、正善な青年会議所活動に励んでいかなくてはいけません。となみ青年会議所がより良い事業を行うため、円滑に事業を遂行するために、総務委員会が全ての事業に向き合い、立ち働いていかなくてはいけません。
本年度総務委員会では、メンバーが一丸となって一年間を突き進むために、となみ青年会議所の所信・事業計画について、メンバーと地域との共有を図る機会と、活動方針にご賛同いただくよう地域の方々と親交する機会を設けます。また、となみ青年会議所の事業を適正に行うために、公益性と予算、コンプライアンスの審査を行います。となみ青年会議所からの情報発信についても、地域の方が正しい情報を得られるように精査します。また、近年日本各地での災害が頻繁に発生しています。このとなみ野にもいつ災害が起きてもおかしくありません。我々が住む地域に災害が起こった際、組織として迅速な対応をとるために今一度検証を行い、これまでに構築された災害時ネットワークを活用し、災害・防災面で組織の強化を行います。そして、本年で6年目となる公益社団法人について振り返り、これからもより良い活動を行っていくために検証を行います。
毎年度の想いを今まで繋げてきた、このとなみ青年会議所を本年度も総務委員会が根底として支えていきます。「仁愛」のスローガンのもと、私たちが地域のため、家族のため、仲間のため、誰かのために行動し、愛を持って活動していきます。

事業計画
1.新年式典、並びに新年祝賀会の開催(1月度例会)
一年間の活動方針、事業計画を発表し、前年度からの引継ぎを行い、本年度のスローガンのもと一年間活動していくことをメンバー一同が共有する。また、来賓・シニア会員・地域の方々に活動を伝え、ご理解、ご賛同していただくために新年式典・祝賀会を開催する。
2.総会・理事会・事務局の運営(2月総会、7月総会(例会)、12月総会)
円滑な組織活動のために、総会・理事会・事務局の運営を行う。
3.財務審査会議の運営
事業を適正に行うために、公益性と予算、コンプライアンスの審査を行う財務審査会議を運営する。
4.災害ネットワークの検証及び維持
災害・防災面で組織の強化を行うため、これまでの災害時体制を検証し、災害時の組織構築、災害安否確認訓練を行う。
5. 公益社団法人としての在り方の検証
公益社団法人の効果を振り返り、在り方を検証する。

年間スケジュール
2018年 1月:新年委員会、新年式典(1月度例会)新年祝賀会
2月:検証委員会、第78回定時総会
3月:災害ネットワーク検証委員会
4月:災害ネットワーク検証委員会、公益社団法人検証委員会
5月:総会準備委員会、公益社団法人検証委員会
6月:総会準備委員会、公益社団法人検証委員会
7月:総会準備委員会、第79回定時総会(7月度例会)
8月:総会検証、災害安否確認訓練準備委員会
9月:災害安否確認訓練検証委員会、災害安否確認訓練
10月:総会準備委員会
11月:総会準備委員会
12月:総括委員会、第80回定時総会
通年:理事会運営、財務審査会議の運営、事務局の運営