広報渉外委員会

委員会方針  委員長 山﨑 匠 

 「愛情溢れるとなみ野」の実現は我々だけでは決して成し得ることはできません。市民意識変革団体の一員として、我々自身が率先して行動し、地域と広く関わり合いながら、地域活性化に向けた運動の輪を広げていくことが不可欠です。また、自己成長を求め、各地に出向して活躍する会員の活動や想いを共有し、我々自身が青年会議所の魅力をより広く認識することが必要です。
本年度、広報渉外委員会では、我々の行う事業の本質に重きを置いて、事業の意義や目的を発信し、魅力を感じていただくことで事業への参加促進や会員拡大といった我々の活動の活発化に繋がる広報活動に取り組みます。人を動かすのは人であり、会員の積極的な情報発信こそが最も必要であると考えます。そのために会員の参画意欲を高め、会員一人ひとりが情報発信者として活動していただける取り組みを行います。また渉外活動においては、メンバーの資質の向上へと繋げるため、三大大会や地区・ブロックの事業の参加促進を行い、会員交流の場の開催によるさらなる仲間意識の向上を図ります。そして出向者の活力となるよう最大限の支援と激励を行うとともに、出向者と連携して出向や事業の魅力を伝えます。さらに今年度卒業される会員に対し、これまでの功績を讃えるとともに、現役メンバーへ今後の糧となるよう、想いを継承する事業に取り組みます。
委員会メンバーが一丸となり、広報渉外活動を通して、地域に愛を持って前向きに向き合うとともに、全てを成長の機会と捉えて邁進します。

事業計画
1.地域へとJCの魅力の情報発信
青年会議所の魅力や事業の本質的な意義を分かりやすくそして親しみやすく発信し、地域の方々からの共感を得る。
2.メンバーに向けた運動・活動の情報共有
現役会員及びシニア会員に対し、情報の共有と活動への参画意欲高揚を目的とした、会報誌を作成、発刊し、会員意識を高める。
3.出向者の支援及び渉外活動の実施
LOMを代表して出向するメンバーに敬意を表すとともに、その活動や想いを会員で共有し、青年会議所の魅力を広く認識する。また、会員の資質向上のため、ブロック、地区、日本等の事業への参加を促進し、会員同士の交流を広げる。
4.日本JC勉強会の開催(2月度例会)
日本JCの運動方針を勉強し、青年会議所活動への意欲を高揚することを目的に開催する。
5.JCメンバー卒業式の実施(12月度例会)
卒業生の功績を讃えると共に、青年会議所に対する想いを現役メンバーに継承し、今後の糧となることを目的に開催する。

年間スケジュール
2018年 1月:新年委員会、2月度例会準備
2月:2月度例会準備委員会、2月度例会実施、会報誌「ささら」発刊①
3月:2月度例会検証委員会
4月:広報内容検討委員会
5月:広報内容検討委員会
6月:広報内容検討委員会
7月:広報内容検討委員会
8月:広報内容検討委員会
9月:広報内容検討委員会
10月:12月度例会準備委員会
11月:12月度例会準備委員会
12月:12月度例会実施、総括委員会、会報誌「ささら」発刊②
通年:各事業の取材と広報(HP・YouTube・SNS・CATV番組制作)、渉外活動、出向者支援