地域愛創造委員会

委員会方針  委員長 南 圭一郎 

 我々の住むとなみ野は豊かな自然、多くの歴史ある町並み、伝統工芸品、祭りなど多くの魅力があります。
しかし、となみ野に住む我々地域住民は市民その魅力を当たり前のように感じ、その魅力の良さを十分に理解していないのではないでしょうか。一方ではとなみ野以外の方々、つまり外部の目からとなみ野の良さを気付かされる事があります。我々はその外部の目、「よそ者」の目を養うことで様々な視点から多くの魅力を見出し、そして知る必要があります。その為には、となみ野の素晴らしさを熟知し、さらにとなみ野の魅力を創り出す人財が必要であり、より良い魅力を引き出し、発信する事でまちづくりの活性化に繋がると考えます。先ずは我々の住むとなみ野に愛情を持ち心から好きになり、そして我々一人ひとりがとなみ野のために一歩踏み出す行動に出ることが大切です。その一歩が今まで気づかなかったとなみ野の良さを感じ、発見することにも繋がり、より地域愛を持った市民が生まれる事に発展します。となみ野に住む我々地域住民はとなみ野を心から愛し、新たな魅力を再認識し、より地域愛を持った人財を醸成していかなければなりません。
本年度地域愛創造委員会では、「よそ者」の目を養うため、一歩踏み出す行動をとるために世界へ出向き、その環境を体験することで言葉以上に我々の意識に積極的に働きかけ、成功事例やより良いまちづくりの取り組みを知る事の研修を行います。そしてとなみ野の魅力を再認識、時代の流れに沿った新たな魅力を発見し、よりとなみ野への地域愛を持って率先して行動していただくための事業を開催いたします。
より良いまちづくりをするにあたって、「仁愛」のスローガンのもと、愛情溢れるとなみ野に向け率先して行動し、価値のある一年間になるよう地域愛を創造してまいります。

事業計画
1.世界から体感できる地域愛の醸成
より良いとなみ野を創り上げていくには、まちづくりの成功事例、まちづくりの取り組み、そして時代の流れに応じた新たなとなみ野の魅力を発見、再認識し、その環境を体験することで言葉以上に我々の意識に積極的に働きかけ、地域愛を醸成していくための研修事業を実施する。
2.となみ野の未来のために地域愛を育む事業(9月度公開例会)
となみ野に住む我々地域住民が団結し意見交換を行いとなみ野の新たな魅力を発見し再認識し、我々となみ野に住む一人ひとりが地域愛を持ち一歩踏み出し率先して行動をとるための事業を実施する。

年間スケジュール
2018年 1月:新年委員会
2月:研修、例会準備委員会
3月:研修、例会準備委員会
4月:研修、例会準備委員会
5月:研修、例会準備委員会
6月:研修委員会
7月:検証、例会準備委員会
8月:9月度公開例会準備委員会
9月:9月度公開例会準備委員会、9月度公開例会実施
10月:検証委員会
11月:まとめ委員会
12月:総括委員会