1月19日(木)~22日(日)の4日間、公益社団法人日本青年会議所2017年度京都会議が開催され、となみ青年会議所からも島田理事長はじめ多数のメンバーで参加して参りました。
京都会議とは日本青年会議所のその年度のスタートとなる総会やフォーラム等が京都で開催され、これらを称して『京都会議』とよびます。

1月21日、となみ青年会議所から3名が出向している防災大国日本確立委員会の公開委員会が行われました。

防災大国日本確立委員会公開委員会

となみ青年会議所からもアカデミー委員会他多数が参加しました。自然災害大国日本において、発災にむけた対策と知識を備え、これまでの被災経験を活かし今後おこりうる災害に向け画期的な防災、減災システムを確立させることが重要だと改めて認識しました。

 

メインフォーラムとして第1部では「教育再生」、第2部では「経済再生」をテーマに開催されました。

  

講師:下村博文氏                           講師:三橋貴明氏、原丈人氏

これまで行ってきた画一的な教育からの進化を遂げ、教育再生を果たしたその先に誰もが夢を描ける国家の姿を我々が指し示し、これからの未来を担う我々は、今後日本が目指すべき経済の構築とともに、目に見えないモノを大切にする価値観に裏打ちされた未来への投資拡大と国民生活の質の持続的な向上を実現させる必要性を感じました。

 

1月22日、公益社団法人日本青年会議所 「京都会議」のメインイベントともいえる新年式典が開催されました。
所信表明では、本年度の京都会議のテーマ「世のため、人のためが自分のため。目先の利益よりも、未来への投資を重んじる生き方、それこそが全ての日本人が目指すべき日本の道、『日本道』である」
との強い考えを全国の会員へ発信されました。メンバー一同、一年間活動していく決意をより強固にしました。

会頭所信

会場内には、696ある日本各地の青年会議所の理事長が決意を込める達磨ブースがあり、島田理事長は、「となみ野の一燈となる」の文字とともに目入れを行ないました。

  

  

 

私達もとなみ野の地から「明るい豊かな社会の実現」に向け取組んでいきます!!